スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
蕎麦の花♪  ←蕎麦の花♪ 【--年--月】の更新記事一覧 →青空♪  青空♪
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

姪の死

姪の死

28日に東京に住んでいる姪がクモ膜下出血で急死しました。
普段から病気なんてしなかった元気な子で、この春大学院を卒業して社会人になってわずか半年でした。
その日も普通に朝家を出て、普段と変わりなく仕事してたといいます。
なのに会社で突然倒れて、そのまま救急車で病院へ・・・
手術のかいもなく、倒れてからわずか2日で帰らぬ人となってしまいました。
後でわかったことですが、もともと頭の中に動脈瘤があったんだそうです。
でもそれで頭が痛いとかの自覚症状も全然なく、ホントに何で?!って信じられないような死でした。
まだ25才、あまりにも早過ぎる死です。

うちの子供たちと年齢が近いのに、住んでいる所が遠いせいか、頻繁に行き来するわけでもなく話したのも数えるほどでした。
特に高校、大学と大きくなるにつれいろいろと忙しく、今年3月の息子の結婚式に来てくれたのが高校の時以来でした。
「ご無沙汰してます~」とニコニコしがら挨拶してくれた顔は、高校の頃と全然変わってなくて、結婚式の写真もデジカメでいっぱい撮って後で送ってくれたんです。
それが最後だなんて思うはずもなく、今思えばあの時もっといっぱい話しとけばよかった。

お通夜もお葬式も、びっくりするほど大勢のお友達が来てくれていました。
あまりにも突然の死に、みんな涙涙で・・・
こんなにたくさんのお友達がいて、彼女の生前の人柄がわかるような気がしました。
祭壇には振袖を着て笑っている写真が・・・
愛用のヴァイオリンや好きだったプーさんの人形、それから思い出の写真も飾られていました。

やはり子を持つ親である私は、兄夫婦の気持ちを考えると気の毒でなりません。
もしも自分の子供が突然に死んでしまったら・・・
考えただけで耐えられない気がします。
手術の後、手を握ると涙を流して握り返したと言います。
もっともっと生きたかったでしょうに・・・・


   a1.jpg




   
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
蕎麦の花♪  ←蕎麦の花♪ 【2006年10月】の更新記事一覧 →青空♪  青空♪
 

~ Comment ~

謹んでお悔やみ申し上げます。
子を持つ親なら誰もが子供が自分より先に亡くなるなんて
考えられないことだと思います。
そのショックは想像もできないほど大きいことでしょう。
25歳という若さのままで皆の心の中に生き続けるとしても
・・・悲しすぎます。

ご両親さまのお気持ちを考えますと胸が痛みます。
あまりにも早く召されたお嬢様どんなにか無念でしたことでしょう・・・
こころからお悔やみ申し上げます。

blueeyedsoulさんへ

ありがとうございます。
私も兄夫婦の気持ちを考えると、立ち直れるのかなぁと心配です。
ずぅっと一生亡くなった娘のことを考えながら生きていくのでしょうね。
25才のままでみんなの心の中に生き続ける・・・
そう考えると少しは救われるかもね。

J-ママさんへ

ありがとうございます。
あまりにも短い一生でした。
何事にも頑張る子で、25年間一生懸命突っ走ってきたって両親が言っていました。
でもまだまだやりたい事がたくさんあったでしょうね。
残念でなりません。

なによりも大切なお子をなくされたご両親のつらさがわかります。
私も生涯でいちばん悲しい日でしたから・・・でもこれからはお嬢さんが
ご家族を守ってくださいますよ。
たくさんの思い出を遺してくれて「ありがとう」と言って差し上げてね...

J-ママさんへ

J-ママさんもお子さんを亡くされたのですか?
私なんかは悲しいといっても姪ですから、親の本当の辛さはわからないのでしょうね。
最後のお別れの時に姉が「お母さんの所に来てくれてありがとう」って泣きながら言ってたんです。
末っ子だったけど、家族の中で一番しっかりしてたそうです。
だからこれからもきっと家族を見守ってくれるでしょう。

謹んでご冥福お祈りいたします。
25歳の死は、あまりにも若すぎますね。
親御さんの気持ちを察すると
何も言えません。
もし、自分の子供が突然・・・
考えただけでも胸が張り裂けそうな気がします。
ただご冥福をお祈りするばかりです。

ヨーテンさんへ

ありがとうございます。
私も兄夫婦の顔を見ると、気の毒でなりませんでした。
まだ認めたくないって言っていました。
肉体はなくなっても、魂や心は存在するので、いつも話しかけてあげてくださいってお坊さんが言ってましたけど・・・
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。