スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
道ばたの花  ←道ばたの花 【--年--月】の更新記事一覧 →お墓参り  お墓参り
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

二十四の瞳

二十四の瞳

ちょっと前に芥川也寸志さんの音楽番組で「二十四の瞳」のことを話していました。
小豆島には実際に小説の舞台になった学校が今でもあるとか。
教室に入ると、小さな二人がけの6つの机が並んでいます。
足踏み式オルガンもあります。
映画にも何度かなった小説ですが、子どもの頃に読んだきりで、どんな内容だったのか思い出せないので、図書館で本を借りてきました。
二十四の瞳は子どもの本なのですね。
文学全集の棚にもあったけど、中を開くと小さい字だったので、老眼の私は児童文学を借りました。(⌒ ⌒;

言うまでもなく、壺井栄さんが書いた小説ですね。
舞台は小豆島(香川県)の南の端にある岬の分校です。
そこに赴任してきた大石先生と12人の生徒の、戦前から戦後にかけての貧しいけど温かい心のふれあいを書いてあります。

教え子が戦争に行くことになり、「元気で死なずに帰ってくるのよ」と言いたかったけど、そんなことは大きな声では言えない時代でした。
男の子たちはお国の名誉だと喜んで戦争に行きました。
それが当たり前の悲しい時代でした。

貧しくてみんなバラバラになり、苦労をしました。
そんな教え子を心配する大石先生も、戦争で夫を亡くし、また子どもも亡くします。
戦争が終わって再び大石先生が岬の分校に赴任してきた時、教え子が同窓会を開いてくれます。
集まったのは二十四の瞳からはだいぶ少なくなっていました。
その中には戦争で失明した男の子もいました。
みんなで撮った写真を見えない目で見ながら、「ちゃんと見えるで。これが誰々」と指差すのですが、それは微妙にずれているのです。
「そうそう、そうだわ」と相槌をうつ大石先生の頬を涙が伝います。

壺井栄さんはこの小豆島で生まれました。
10人もの兄弟がいる貧しい家庭の子でしたが、心が温かい両親に育てられたそうです。
だからこんな小説が書けたのでしょうか。

だんだんと戦争を体験した人が少なくなってきた今の時代。
こんな小説を読んで、今の時代を生きる自分を見つめなおしてみるのもいいのではないでしょうか。





スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
道ばたの花  ←道ばたの花 【2006年08月】の更新記事一覧 →お墓参り  お墓参り
 

~ Comment ~

そやなー

戦争といえば今は受験戦争くらいで、本当の戦争の悲惨さを知っている人は少ないよね。
父や母も学徒動員の経験までです。
今の日本は戦争は無くなったけど、大事な物も無くしている様に思います。
戦争は絶対に起こしてはいけません。
そして自分の命も他人の命も大事にしましょう。
と思うくらいです。

みみずくさんへ♪

児童文学って久々に読んだんよ。
言葉も方言が多くて、いちいち解説してあったけど、私はほとんどわかったよ。
聞いたり話してた言葉だったから。(笑)
受験戦争もそういえば戦争の一種かな。
これは体は傷つかへんけど、心の戦争かもわからんね。

あさっては終戦記念日、戦争に行かなくても、空襲で亡くなった人は全国で何十万人もいるらしい。
そういう人達の命の供養も考えて、私たちは命を大事にしないとね。

こんにちは~

「二十四の瞳」・「きけわだつみの声」昔読んだり見たりしました。原爆忌を終え明日は61年目の終戦記念日を迎えますね。明日の午後だったと思いますが、「二十四の瞳」衛星放送で放映するようですので何十年ぶりで見たいと思っています。

J-ママさんへ♪

昔の小説もまたいいもんですよね。
「二十四の瞳」は何度も映画になってるみたいですが、私は見たことないような・・・。
(見ても忘れてるのかもね)
今ネットで調べたら、明日BS2でありますね。
高峰秀子主演だって。
たぶん白黒の映画・・・・。

今さっき娘に話したら、娘は黒木瞳のドラマのを見たそうです。
時代の違い??(笑)
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。